Muttering to myself ~ 

traderjoes.exblog.jp ブログトップ

渋谷 ハリウッドスターが通うPatinaグループ海外1号店 Patina Tokyo

c0172698_21274284.jpg
アメリカで約50店舗のスペシャリティーレストランを展開する
「Patina Restaurant Group」の海外1号店となる「Patina Tokyo」
c0172698_2104278.jpg
c0172698_2121644.jpg
入り口を入ると、海外に良くあるような造り
Barカウンターがあり、お食事前に軽く一杯ってのがステキスタイル!
c0172698_2164238.jpg
Barと背中合わせにキッチンがあり、その反対側にレストランがあります。
レストランに入ってスグに、圧巻のワインセラー。
開けたワインは、レストランの中央の専用テーブルで、デキャンタされ
美味しい状態で提供されるの。
c0172698_2120402.jpg

c0172698_20593969.jpg
c0172698_213278.jpg
レストランは約100席ほど。
丸テーブルだったり、
テーブルをつなげて10人ほどで席を囲むこともできるので、
ビジネスランチや、セレブレーション的な集まりにもピッタリ!
c0172698_2152620.jpg
大きな窓からは、太陽がサンサンと差し込み、まるでLA気分

平日の昼下がりに、渋谷の雑踏から離れ、親しい人とランチを楽しむのに
ピッタリな場所で、「KAMIYAMA COURSE MENU」を頂きました。
コチラは、1800円の一番リーズナブルなコースですが、
スタッフの丁寧な接客や、見た目、お味も最高なお食事で
お値段以上の価値がありました。
c0172698_2182556.jpg
ベルナルドがアーティストとコラボレートしたプレートでお出迎え。
コチラは、テーブルごとに違います。
春をひと足お先に感じられる梅のお花のプレート
c0172698_21191860.jpg
サーブされるお水にもこだわりがあり、
コチラは、小売りしていないメインランドのミネラルウォーター。

コースの最初は「シトラスサラダ レモンリコッタチーズを添えて」
さわやかな柑橘系のドレッシングとリコッタチーズのハーモニーが
口に広がると、なんだか海外にいる気分!
西海岸のファーマーズマーケットで必ず買う、ドライの柑橘がサラダに乗り
なるほど、こーゆー使い方もあるのね!と勉強させて頂きました。
c0172698_21115557.jpg
「ハウスメイド フェットチーネと炙った桜鱒のパスタ」
パスタは自家製で、歯ごたえのあるもっちりしたフェットチーネでした。
ジェノベーゼに使われているのは、よもぎ。
よもぎも季節限定だし、春らしく菜の花も・・・
新じゃがはグリルされ、ホクホク。
サクラマスのピンクとまばゆいグリーンで、春を満喫できる一皿053.gif
c0172698_215646.jpg
c0172698_21135280.jpg
実は以前訪問したことがあるのだけど、ココのパスタは週替わり
だから、同じコースでも、週が違えば全く違うものが食べられます。
コチラは以前頂いた「自家製イカ墨タリオリーニとホタルイカのパスタ」
c0172698_21232717.jpg
ル フルニル ドゥ ゴントラン シェリエのバゲットが提供され
無くなると、スグにお代わりを持ってきてくれます。
そのタイミングがとても良いのですよ!

食後は、コーヒーか紅茶からセレクト
カッコいい、ミルクポットや持ちやすいコーヒーカップを話題におしゃべり。
c0172698_21243843.jpg
シェフ、杉浦氏が直接サーブするシェフズテーブルという特別席もあり
これからのシーズン、何かとセレブレーションがおありの方も多いはず。
そんな時に使えるし、お忍びで・・って方にもご都合よろしくってよ(笑)
c0172698_21262192.jpg
スタッフの方々の機敏な対応は、さすが洗練されたPatinaグループって思いますが、
海の向こうのセレブに人気ってことより、
美味しい自家製パスタを、渋谷の雑踏からちょっと歩いた
まるで海外で食事している気分になる雰囲気の広い空間で、頂けるのは
やはり素敵なことではないかしら?

PATINASTELLAフレンチ / 神泉駅代々木公園駅代々木八幡駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



[PR]
by TRADERJOES | 2014-03-22 22:27 | Comments(0)

美味しいもの好きからフードアナリストへ、コスメ好きからコスメコンシェルジュへ ブログを始めて世界が広がったワタシのつぶやき♪


by TRADERJOES
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite