Muttering to myself ~ 

traderjoes.exblog.jp ブログトップ

味ふくしま oishii

c0172698_1533838.jpg
祇園のお茶屋と置屋を営む「福嶋」が祇園に出した割烹、味ふくしま
料理長は「御料理 はやし」で修業を積んだ辻さん
1年半で、ミシュラン★となったお店で、観光もしたいし、お料理も楽しみたいという
観光客にとっては、祇園で5000円ほどでランチが楽しめるのは嬉しい限り!

カウンターは9席。
お昼のメニューは一つ。
本当は、日本酒と行きたいところだけど、後の予定も考え、ビールにしておきました。
<ほたるイカの黄味酢かけ>
c0172698_1427982.jpg
この黄味酢が美味しいの!ホタルイカも大ぶりでふっくらとしたもの。
アスパラや、菜の花の色と、黄味酢の色が鮮やかで、目でも楽しめて最高!
c0172698_14234322.jpg
<鯉のお椀>
霧がかかった状態で出てくるなんて、お昼なのにちゃんとしている。
c0172698_1428278.jpg
わたくし、鯉の洗い位しか食べたことなく、
鯉のお椀は初めてですが、鯉の骨からとったお出しが非常に美味しい。
しみじみ出汁の美味しさに、京都に来ていると感じました。
鯉自体もふっくらと、臭みがなくて、初めて鯉が美味しいと思いましたよ。
c0172698_14292717.jpg
<かつおのたたき>
一切れが厚みがあって、ちゃんと藁焼きしているので「わら」の香りがするの。
角切りの山芋がアクセントで、これはワタシでもマネできる。
こーゆーヒントは、嬉しいわ
c0172698_14593216.jpg
<丸ナスの揚げ煮>
食べる直前にかいていただいた、厚めの削り節が良いのです。
大きな丸ナスなのに、しっかりと火が通り、ホクホクの感じを頂きます。
お出しは、こちらはあごだしとのこと。
c0172698_15042100.jpg
<鯖寿司>
五月なので、柏の葉に包まれて登場。
この演出も憎いですよね!
c0172698_1514357.jpg

あまり酢を感じさせない酢飯に、肉厚な鯖
ふっくらと言うより、しっかり握られた鯖寿司。
とても美味しくて、もっと食べたい感じがしました。
c0172698_152407.jpg
<八寸弁当>
もうね、このお弁当だけでもお昼なら十分な量なのよ
出てきた時から、どれから食べようかとワクワクします。
サクラマスの幽庵焼き、あまごの南蛮漬け、ウナギの八幡巻
出汁巻き卵は、お出汁たっぷりでしみじみ美味しいの
胡麻麩のでんがく、もちもちで美味しかった。
豆ごはんもきれいな緑で、新緑のイメージで良いでしょ?
c0172698_154402.jpg
<琵琶のコンポートとさくらんぼ>
琵琶のコンポート、ひと手間かけて美味しい〆でした
c0172698_1553789.jpg
お食事したのはカウンターですが、個室があって、
そこではこのお庭を眺めながら頂けるみたい。
化粧室に行く際も、見ることができますよ。
c0172698_1571481.jpg
最後は、大将がお見送り。
1人1人に丁寧に表まで出て、ずっとお見送りしてくれます。
簡単だけど、難しいですよね、こーゆーの。

急に行くことになったので、予約取れないと思い、ダメもとで一人なら何とかなるかと
電話したら、行きたい日はダメだったけど、空いている日があったので
前後の予定を変え、1人だけ空いている日に予約を入れました。
おひとり様なら、人気店でも行ける可能性があるので、急な場合もトライですね。

おやすみの日が重なったり、他のお店がいっぱいだったので、本当に助かったし
お食事を頂いて、逆に他店がおやすみだったのが、ワタシにはとてもラッキーでした。
全てのお料理が美味しかったし、また是非伺います。
https://tabelog.com/rvwr/001167108/rvwdtl/B363350177/
c0172698_1573353.jpg

[PR]
by TRADERJOES | 2018-06-08 07:00 | 京都 | Comments(0)

美味しいもの好きからフードアナリストへ、コスメ好きからコスメコンシェルジュへ ブログを始めて世界が広がったワタシのつぶやき♪


by TRADERJOES
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite