Muttering to myself ~ 

traderjoes.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:京都( 109 )

みやび堂製菓本舗の「あぜくら」

c0172698_11083204.jpg
京都で必ず買うものの一つ
みやび堂製菓本舗の「あぜくら」
大阪のものですが、京都大丸の地下一階にある、みやび堂製菓本舗の「あぜくら」は
どんなことがあっても買ってくるおかき

ココの山椒をたっぷりかけた「あぜくら」に
スタッフさんに言って、さらに山椒をたっぷりかけてもらいます。
いつもは、おばちゃんなんだけど、この日は開店直後。
おせんべいを運んできた男性スタッフさんがおばちゃんがくるまで担当してたよ。
おばちゃんは、追山椒を、好きなだけしてくれるんだけど、
今回のスタッフさんは、ちょっと少なかったな・・・
社長さんや、おばちゃんは、東京から来たこと知ると
結構オマケして、色々味見させてくれたりするんだけど、そーゆーのなく
折角の対面式なのに、面白みに欠けたわ・・。

ビールのあてにもピッタリで、しけないように
大きな袋分の「あぜくら」を2袋に分けてもらうの。
こーゆーのも、その場ではかって、パックしているからできるのよね!
甘いものが苦手な人にも、お土産にピッタリ!!


[PR]
by TRADERJOES | 2018-08-03 07:00 | 京都 | Comments(0)

関西限定!ガトーフェスタ ハラダの濃厚抹茶チョコレートラスク

c0172698_17242257.jpg
いつも、京都につくと大体一番最初に行くのが錦市場
ここで、お土産を買い、荷物をホテルに預けて行動が多いのだけど、
今回は、錦に行く前に大丸に寄り道。
ちょうど、オープン前2、3分ってとこで、地下から行ったから、
ガトーフェスタ ハラダが一番近く、思い立って、
京都限定の抹茶のお菓子を姪っ子へ。

京都産宇治抹茶を贅沢に使用した京都限定のお菓子「ティグレス マッチャ」
うっかり、写真を撮らないまま姪っ子へのお土産荷物に入れてしまったけど
姪っ子曰く、全てのお土産の中で、これが一番美味しかったとのこと。
この北海道ヴァージョンを食べたことあるけど、
チョコの部分がかなりおいしい仕上がりだったと記憶
次回は、自分にも買ってみよう。

そして、自分用になんとなく買ったガトーフェスタ ハラダの濃厚抹茶チョコレートラスク
「グーテ・デ・ロワ マッチャ」
これは、関西限定
チョコが溶ける気がして、買うのをためらったけど、抹茶が濃くて美味しかったし
見た目も金粉がかかり、ちょっと高価な感じでお土産に良いかも!
ワタシは冷やして食べたけど、冷やすと夏のおやつにもなりますよ!
https://tabelog.com/rvwr/001167108/rvwdtl/B369569358/
c0172698_17244751.jpg

[PR]
by TRADERJOES | 2018-07-09 07:00 | 京都 | Comments(0)

憧れのマモン エ フィーユ oishii

c0172698_15132028.jpg
憧れのマモン エ フィーユに行くために、京都行を決めたといっても良いかも!
念願のマモンエフィーユに行ってから、京都に行くか、
京都に行って帰り行くか悩んだけど、天気等の都合で京都の帰りに初訪問

なので、フレンチビスキュイはあきらめていました。
最悪、1点だけしか買えないけど、お取り寄せもあるし・・・。

朝から整理券が配られているフレンチビスキュイ。⠀
お一人様2つまで。⠀
奇跡的に夕方行ってもありました。

阪急御影駅は当然お初!
降り立った途端、何とも言えない空気感。
ワタシにとっても、すごく気が良い!!そんな感じを肌で感じ伺うと、
このトリコロールの缶が残っていて、もう、嬉しくなってしまったよ!
缶はあったけど、小さなパケの方は売り切れ
いいの、いいの、こっちが欲しいから!
c0172698_1526256.jpg
もうね、蓋をあけると素晴らしく良い香り!
バターに、甘さが加わった幸せな香りは、食べると濃厚だけど
口の中に良い余韻を残し、くどくなく、パリのポワラーヌのサブレのようでした。
c0172698_15243174.jpg
でもでも、憧れていたフレンチビスキュイより
発酵バターたっぷりのフィナンシェが美味しくてびっくり!
c0172698_15143648.jpg
ワタシは、箱に入った方にしたの。
何故なら、個包装のものは、プレーンが最後の1つしか残ってなかったから・・。
でも、個包装よりこの可愛いパケに惹かれ、あってもこっちを選んだかも・・。
箱入りの方が、フィナンシェ自体が小ぶりで、その大きさも良かった。
プレーン、アールグレイ、コーヒーの順に好きでした。
コーヒーに合わせても、発酵バターのコクが負けないし、
近くにあったら、相当通い詰めてしまうくらい好き!
c0172698_1528183.jpg
個包装はこちら。
お味は同じです。姪っ子は、すごく美味しかったと!
c0172698_15214292.jpg
フィナンシェより、ノーチェックのレモンのカトルカールが衝撃の美味しさでした????⠀
マドレーヌが有名だけど、ワタシそれほどマドレーヌ自体が好きではなく
他にも京都であれこれ買っていたので、厳選した結果
レモン好きなので、レモンのカトルカール
マドレーヌが380円とかだったような気がするけど
これは、650円。ちょっと高くないですか??と思ったけど
買ってよかった!!!
発酵バターに全く負けていない、レモンのアイシング
一口食べて、口に広がるコクと、鼻に広がる香りの良さにノックアウト!!
もっと買ってきたかった!!
c0172698_15191954.jpg
今までで一番美味しいフィナンシェ⠀
今までで一番美味しいカトルカール⠀
また、絶対伺いたいお店
少しお高いけど、その価値は間違いなくあります!!https://tabelog.com/rvwr/001167108/rvwdtl/B302710288/
c0172698_15104065.jpg

[PR]
by TRADERJOES | 2018-06-28 07:00 | 京都 | Comments(0)

茶寮 八翠 × 老松のアフタヌーンティー

c0172698_1182279.jpg
2018年5月、6月は、茶寮 八翠 で、
有職菓子御調進所 老松とのコラボのアフタヌーンティーがあると知り、
是非とも行きたいと思ったの。
今まで、何度か京都に行く際、ココのアフタヌーンティーはチェックしていたけど
ネットを見ても、そこまで惹かれる情報がなく、見送り。

でも、今度は、老松さんとのコラボ
その前の月も、老舗の和菓子屋さんとのコラボでしたが、
このコラボ企画は、かなり良いと思います。
だって、場所は嵐山で、カフェとしてもっとも景色の良いところですし、
気になっていたホテルの茶寮ですしね・・・。

だけれども、ググればググるほど、こちらのホテルの評判はイマイチ
むしろ、マイナス要素が多いこと、多いこと
ですが、5月の新緑時期に、茶寮 八翠 × 老松のアフタヌーンティーをテラスで頂けたら
きっと素敵だろうな!と電話予約いたしました。
時間は、11時、13時、15時とあり、ワタシは前後の予定から13時にお願いしました。
この時間だと、内容的にもランチ代わりにもなります。

テラス席に座り、保津川からに風と、空の青さと、新緑のグリーンに癒され
目の前に広がる景色に、ググった情報は飛びました。
c0172698_10481476.jpg
1時間半の間、ドリンクはお好きなものを好きなだけいただけます。
サンフランシスコのブランドの茶葉を持ってきてくれるので、
フレーバーティーなどは、この香りで試すことができます。
c0172698_1164384.jpg
先にドリンクが来て、ちょっと待ってからお食事が登場
c0172698_1110558.jpg
気づかず写真撮ったけど、後から見たら、エビがとっ散らかっていますが
こちらはホテルの特製のおぞよ(お食事メニュー)
他に、トレイに別に乗ってきた「魚そうめん」や「白味噌のクルトンとブルーテ」があり
期待しなかったけど、トレイに乗ってきたこの2つが思った以上に美味しかった。
生ハムとアボガドの手毬鮨、ツナとオリーブのサンドイッチ
奈良粕 新牛蒡 リコッタのキッシュ、バルサミコ風味のチキン照り焼き
赤ワインでマリネした鶉卵、ほうれん草の白和え
バジル風味の海老のベニエ
c0172698_11133999.jpg
ここでしか味わえない、老松さんの甘味
色合いも可愛いし、これだけでテンションあがります。
嵐山にある老松さんでしか食べることができない「わらびもち」も美味しかったけど
今回もこの時期に、ここでしか食べることができないので
とってもお楽しみにしていました。
晴嵐、OHIGASHI(ピスタチオ、マカダミアナッツ、グリーンレーズン)、夏柑糖
c0172698_11231293.jpg
夏柑糖は、老松さんの代表的なお菓子。
これも外さずお出しいただけるのが嬉しい限り!
ゼリーとは違う美味しさで、テラスで頂く清涼感ある酸味と甘みのバランスは
とても良かった!
c0172698_11493144.jpg
OHIGASHI(ピスタチオ、マカダミアナッツ、グリーンレーズン)
落雁と言うと、あまり好きでない人もいるかもしれないけど、
落雁とドライフルーツの干菓子で、これがね、想像以上に美味!
色合いも可愛くて、これ、商品化してほしいな!
c0172698_11522877.jpg
特に良かったのが、グリーンレーズンとマカダミアナッツ
グリーレンズんの酸味や、マカダミアナッツの食感やコクが
餡ともあって、アイスコーヒーにすごく合いました。
c0172698_115554.jpg
最後にいただいたのは、煎茶に合わせて新緑の嵐山を表現した「晴嵐」
つくねあん芋で作った芋練りと、白あんで作ったきんとん餡
中の餡子も言わずもがな、上品で見た目もお味も最高でした!!
c0172698_11584225.jpg
最後にお会計をお願いしようとしたら、テーブル会計ではなく
自分でチェッカーに行くタイプでした。これ、ちょっと不思議。
お会計が終わり、「ごちそうさまでした」と言いましたら
キャッシャーの方、無言。これも不思議ですね。
c0172698_11191895.jpg

c0172698_10174782.jpg
マリオットの最高ランク「翠嵐 ラグジュアリーホテル京都」
こちらのホテルの入り口付近には、コンシェルジュ的な黒服の男性が一人
スッとホテルに入ることはできず、何の用なのか聞かれます。
アフタヌーンティーの予約をしていると伝えると、名前を聞かれ
リストにチェックされます。
もちろん、予約なしでも、ココでお席の空きとかがわかるので、
空いていたらきっと通してもらえるのだと思います。

事前に電話でテラスを希望しましたが、その日にならないとわからないとの対応
詳しく書きませんが、その言い方や対応で、やっぱりここ行くのやめようかな?
と思う感じがありました。
ですが、折角食べたいと思った老松さんとのコラボ、ココは我慢で伺いました。

席に着く前に、「化粧室をお借りしたい」と申し出て、
化粧室へ案内頂きました。
ホテルの敷地に、ホテルとは別に、この茶寮があるので、
茶寮にある化粧室しか行けない仕組みになっています。
化粧室から出てくると、黒服の方はいなくなっていて、
茶寮のスタッフさんしかいません。ですが、席への案内はありませんでした。
仕方なく、13時に予約していたのですが・・・と言うと
スタッフの女性に「あそこにご用意あります」をテラスを指さされました。
まじか???室内から、自分で一番近いドアを開けて、指さされたテラス席へ
不思議すぎるこの対応に???と思ったけど、
先に化粧室に行ったからわかりにくかったかな?と思い着席。
電話予約の時も感じ悪かったけど、やっぱりここダメ??と思いましたが、
席からの眺めが良くて、保津川の流れに癒され、忘れることにしました。

実際に、お茶を頂いている時は、すっかり嫌なことを忘れ、
来て良かったと思ってたのね、
お会計を、キャッシャーに行けと言われたとき、現実に引き戻され
会計が終わり、「ごちそうさまでした」と言ったら
キャッシャーの方、無言。
そして、帰るときにも通る、ホテルの門と言うか、入り口
黒服の方に「ごちそうさまでした」と言いましたがが、
無言!!!!


保津川の流れと、心地よい風が気持ち良かったし、
老松さんのお菓子はどれも美味しかったけど、
マリオットの最高ランク「翠嵐 ラグジュアリーホテル京都」ってこの程度なんですね。
ググったら、ワタシのようにごちそうさまでしたに対し、無言で涙が出たという方も・・。
ホテルのレベルうんぬんじゃなく、人としてのおバカっぷりが露出して、
とても残念な感じがしたわ。

ここんとこを覚悟の上、伺うのが良いホテルでしょう・・。
ワタシは、もう二度と行きたくないです。
https://tabelog.com/rvwr/001167108/rvwdtl/B210912428/
[PR]
by TRADERJOES | 2018-06-17 07:00 | 京都 | Comments(0)

味ふくしま oishii

c0172698_1533838.jpg
祇園のお茶屋と置屋を営む「福嶋」が祇園に出した割烹、味ふくしま
料理長は「御料理 はやし」で修業を積んだ辻さん
1年半で、ミシュラン★となったお店で、観光もしたいし、お料理も楽しみたいという
観光客にとっては、祇園で5000円ほどでランチが楽しめるのは嬉しい限り!

カウンターは9席。
お昼のメニューは一つ。
本当は、日本酒と行きたいところだけど、後の予定も考え、ビールにしておきました。
<ほたるイカの黄味酢かけ>
c0172698_1427982.jpg
この黄味酢が美味しいの!ホタルイカも大ぶりでふっくらとしたもの。
アスパラや、菜の花の色と、黄味酢の色が鮮やかで、目でも楽しめて最高!
c0172698_14234322.jpg
<鯉のお椀>
霧がかかった状態で出てくるなんて、お昼なのにちゃんとしている。
c0172698_1428278.jpg
わたくし、鯉の洗い位しか食べたことなく、
鯉のお椀は初めてですが、鯉の骨からとったお出しが非常に美味しい。
しみじみ出汁の美味しさに、京都に来ていると感じました。
鯉自体もふっくらと、臭みがなくて、初めて鯉が美味しいと思いましたよ。
c0172698_14292717.jpg
<かつおのたたき>
一切れが厚みがあって、ちゃんと藁焼きしているので「わら」の香りがするの。
角切りの山芋がアクセントで、これはワタシでもマネできる。
こーゆーヒントは、嬉しいわ
c0172698_14593216.jpg
<丸ナスの揚げ煮>
食べる直前にかいていただいた、厚めの削り節が良いのです。
大きな丸ナスなのに、しっかりと火が通り、ホクホクの感じを頂きます。
お出しは、こちらはあごだしとのこと。
c0172698_15042100.jpg
<鯖寿司>
五月なので、柏の葉に包まれて登場。
この演出も憎いですよね!
c0172698_1514357.jpg

あまり酢を感じさせない酢飯に、肉厚な鯖
ふっくらと言うより、しっかり握られた鯖寿司。
とても美味しくて、もっと食べたい感じがしました。
c0172698_152407.jpg
<八寸弁当>
もうね、このお弁当だけでもお昼なら十分な量なのよ
出てきた時から、どれから食べようかとワクワクします。
サクラマスの幽庵焼き、あまごの南蛮漬け、ウナギの八幡巻
出汁巻き卵は、お出汁たっぷりでしみじみ美味しいの
胡麻麩のでんがく、もちもちで美味しかった。
豆ごはんもきれいな緑で、新緑のイメージで良いでしょ?
c0172698_154402.jpg
<琵琶のコンポートとさくらんぼ>
琵琶のコンポート、ひと手間かけて美味しい〆でした
c0172698_1553789.jpg
お食事したのはカウンターですが、個室があって、
そこではこのお庭を眺めながら頂けるみたい。
化粧室に行く際も、見ることができますよ。
c0172698_1571481.jpg
最後は、大将がお見送り。
1人1人に丁寧に表まで出て、ずっとお見送りしてくれます。
簡単だけど、難しいですよね、こーゆーの。

急に行くことになったので、予約取れないと思い、ダメもとで一人なら何とかなるかと
電話したら、行きたい日はダメだったけど、空いている日があったので
前後の予定を変え、1人だけ空いている日に予約を入れました。
おひとり様なら、人気店でも行ける可能性があるので、急な場合もトライですね。

おやすみの日が重なったり、他のお店がいっぱいだったので、本当に助かったし
お食事を頂いて、逆に他店がおやすみだったのが、ワタシにはとてもラッキーでした。
全てのお料理が美味しかったし、また是非伺います。
https://tabelog.com/rvwr/001167108/rvwdtl/B363350177/
c0172698_1573353.jpg

[PR]
by TRADERJOES | 2018-06-08 07:00 | 京都 | Comments(0)

アラビカ京都 藤井大丸

c0172698_1194544.jpg
東山、嵐山と行ったことがあるアラビカさん
京都飲むラテは、ワタシは一番ココのが好みです。

河原町から阪急に乗るのに、たまたま通り抜けたアラビカ京都 藤井大丸
10分ほど休憩しました。
この後の予定も考えて、ラテではなく、レモネードのスパークリング
これにするか、レモネードにするか悩んだけど、
暑くてね、シュワっとさせたかったのです。
ですが、混ぜないで飲んだので、一口目は甘く、その後も少し甘いと飲み続け
途中からただの炭酸水になり、一言「混ぜてくださいね」とか
むしろ、混ぜてから出してくれても良かったなぁ~と思っちゃった。
東山のスタッフさんに比べ、その辺優しくないと思ったり・・・。
やはり、これからはここではラテにいたしましょ!

コンセントもあったので、少しの時間だけど
観光で写真を撮りまくっていたので、充電させていただきました。

ずっと気になっていたバゲットも入ったばかりで気になったけど
やはり次の予定を考え見送り・・。
美味しいと聞くから、機会があったら食べたいなぁ~
https://tabelog.com/rvwr/001167108/rvwdtl/B360747454/
c0172698_10322740.jpg

[PR]
by TRADERJOES | 2018-06-05 07:00 | 京都 | Comments(0)

おかる

c0172698_1342887.jpg
水曜日って、意外と定休日が多いと知ったワタシ。
実は、急に行くことにしたら、水曜っておやすみが多くてチェックしていたお店が休みとか、
急すぎて、予約がいっぱいでした・・・。

で、もう、行き当たりばったりにしようと思ったわけ。
お昼間に、和久傳のお持たせのお店に行ったのね、
それが祇園にありまして、その際、通りかかったのが萬屋さん
「あーー、うどん、いいかも~」って思ったら、
「本日定休日」と掲げられていました。

イノダにいくも、19時には退散だと言われ、18時20分だったからホテルにいったん戻り、
19時過ぎにおうどんの気分になり
ホテルで、「おかきた」まで行きか悩んでぐずぐずしていたんだけど、
以前、チェックしていた祇園の「おかる」を思い出し、
そういえば、夜遅くまで営業していたな!ってことで、おなかすいたら向かいましょ!
と行くのを決め、8時過ぎごろお顔を出しました。

以前から、ココの肉カレーうどんはチェックしていたけど、
どうやら、それにチーズも入れたのが人気らしい!
でも、おなかの感じがそれは重いわって言ってたので、「肉カレーうどん」880円にしたよ!
c0172698_1351271.jpg
これがね、スパイスが効いていて、美味しいの。
写真ではよくわからないけど、お肉がどっさり入っていて、880円お安いよ!
讃岐のようにコシがすごいわけでもないけど、
福岡のようにやわくはなく、おうどんもお出しとスパイスの効いたカレーのスープも美味しい。
日の出うどんが、京都のカレーうどんとして有名だけど、
ワタシ、ここまた行っちゃうかも!!って感じでした。
c0172698_1344955.jpg
店内は芸人さんはじめ、有名人のサインで一杯でした。
もっと遅くだと、舞妓さんとかね、飲んだ後の〆の1杯で来る人も多いと思うけど
遅い時間までやっているのが、ポイント高く、遠出して遅くなってもココで食べられると思うと
今回チェックできて良かった!
https://tabelog.com/rvwr/001167108/rvwdtl/B360048967/
c0172698_1353232.jpg

[PR]
by TRADERJOES | 2018-06-04 07:00 | 京都 | Comments(0)

Cake & Cookie Lindenbaum (リンデンバウム)

c0172698_2111966.jpg
お約束の村上開新堂はいつもの半分にして、
Lindenbaumのチョコレートクッキー、そして御影まで遠征した結果、
今回、焼き菓子だけで2万越えで、自分でびっくりしたけど
これは美味しかったですよ!!

仙台で30年以上大人気だったLindenbaumが、去年京都に移住。
ワタシにとっては、ハードル低くなり嬉しい限り!
c0172698_10215817.jpg
ずっと食べてみたかったチョコレートクッキーは濃厚で、しっとり。
クッキーですが、冷蔵保存なの。
見た目ケーキに見えるけど、ブラウニーでもないし、
チョコレートでもなく、濃厚な半生チョコって言うか、まぁ食べてみてください。
しみじみ美味しくて、コーヒーとの相性抜群ですよ!
大人気ってよくわかる!
今度はプリンも食べなくちゃ!
ちなみに、このクッキーとプリンしかありません。

実は大好きな骨董の尾杉商店の並びにあって、同線的にとてもいい!
先に尾杉さんに立ち寄って、明治初期のガラスのお皿を買ったので、
早速チョコレートクッキーをのせ、お茶タイム

妹宅にもお土産で買ったけど、一家で絶賛
後味に甘ったるさが残らず、でも濃厚なチョコの味わいがあって
久々に「あー美味しい」って声に出したと申してました。

ご主人と京都談義も楽しかったので、また必ず行きます。
すごく、すごく感じの良いご主人でした
https://tabelog.com/rvwr/001167108/rvwdtl/B352293867/
c0172698_214821.jpg

[PR]
by TRADERJOES | 2018-06-03 07:00 | 京都 | Comments(0)

ダンデライオン・チョコレート 京都東山一念坂店

c0172698_7303651.jpg
ここちょうど一年前の京都の際に、
こちらの斜めにお店がある某店のお友達ご主人のところに顔を出し、
サンフランシスコのお店が出店すると聞いたけど、
それがダンデライオン・チョコレート 京都東山一念坂店 と知ったのは、プレオープンしたころ。

東京にもあるけど行ったことないし、場所的には、鎌倉や伊勢の方が東京より気になる!
って思ってましたが、京都、しかも、一念坂って渋い場所にできたと知ったら行きますよね!
二寧坂とか産寧坂じゃないところが良いですよね!

1階は物販で、チョコレートのお味見もできます。
注文も1階のカウンターでして、それから2階のカフェに行く感じ。
ここも、ブルーボトルもそうだけど、オーダーしたら、名前を言うパターン
海外みたいだけど、日本でこれになれてないから、ちょっと照れる(笑)
c0172698_7332223.jpg
平日の雨降る3時過ぎでしたが、満席でした。
頂いたのは、京都店限定の「ハスクパンナコッタ」
これすごーく気に入った!!
ワタシ、チョコレート色が強いのは苦手なので、
カカオ豆の外側の皮で香り付けしたクリームに、
さわやかな酸味のオレンジ、食感がアクセントになるカカオ豆。
これは、普通に他の店舗で出しても絶対人気になると思う!!
お皿の上には、ギモーヴ。
これね、オーダー後、受取時にスタッフさんがオマケでのせてくれたの。
甘くなくて、ふんわりでほのかに香る香りが良かった!!
c0172698_732386.jpg
みんな坪庭に面したカウンター席に座りたがるけど、さすがにこの時間は埋まってますね。
でも、おひとり様ってことで、カウンターの端が空いていたので
坪庭の緑を楽しみながらゆっくりできました。
カウンターでは、端っこの席だけコンセントがあり、知らずに座ったけどラッキー!!

でも、他のお席も適度な距離間で良いと思う。
c0172698_11432855.jpg
帰る頃知った、個室は多分喫煙席。
c0172698_11445025.jpg
1階の奥には、6月からオープンのカカオバーがあり、次回の楽しみにしております。
https://tabelog.com/rvwr/001167108/rvwdtl/B350284407/
c0172698_7344991.jpg

[PR]
by TRADERJOES | 2018-05-29 07:00 | 京都 | Comments(0)

ブルーボトルコーヒー 京都カフェ

c0172698_1747401.jpg
京都のこと、時系列に書こうと思ったけど、バラバラで行きます。

ブルーボトルコーヒー は、本場サンフランシスコで飲んで以来、
東京に出来ても頑なに行かなかったのに、京都に出来たと知り行くワタシ( ̄▽ ̄)
ブルーボトルコーヒー 京都カフェは、今年の3月にできて、
その場所を聞いただけで、行きたくなっちゃったの!!
だって、一番好きな東山エリアなんだもの!!
しかも、築100年を超える伝統的な京町屋をリノベ

京都と言ったら、コーヒーが美味しいお店がたくさんあるけど、
ココほど素敵なエリアはないと思うよ!
スタッフさんがみんな感じ良くて、きっと京都行く度行っちゃう!

オープン当初は開店前から長蛇の列だったけど、
今は落ち着いて、ステキな空間でゆっくりできました。
前日雨が降った翌日で晴天で空は真っ青!
特に、平日の朝8時過ぎで、人もいなくて
青紅葉を楽しむにはもってこいの日に、いいスタートを切れました。

実は、手前の建物の右側にある通路を奥に行くと
もう一つ町屋があって、そこでオーダーします
c0172698_17561061.jpg
ここね、ココがまた素敵なの!
c0172698_17574598.jpg
シングルオリジンでアイスカフェラテ
この日はコロンビア ビルバオ・ロスバスコスでした。
まろやかで美味しかったけど、もう少しコーヒーのコクがあった方が好み
c0172698_17521497.jpg
ワタシはこちらで頂いたけど、何処で飲んでもいい感じ!
風が抜けて、心地よいったらない!!
c0172698_180847.jpg
お店の中から外を見るとこんな感じ
お外の席も良さげでしょ?
c0172698_17495528.jpg
手前の町屋は、混んでいる時はスタンディングで飲めるけど、
基本的にはグッズの物販。
内装も京都にいるんだなぁ~って感じするよ!
c0172698_1873676.jpg
近くに観光スポットがあるから、お散歩のお供にもなるし、
カフェでずっと過ごすのも心地よくておススメ!
ワタシももちろん、コレもやったわ!
c0172698_1881741.jpg
c0172698_1893012.jpg

https://tabelog.com/rvwr/001167108/rvwdtl/B356616409/
[PR]
by TRADERJOES | 2018-05-28 07:00 | 京都 | Comments(0)

美味しいもの好きからフードアナリストへ、コスメ好きからコスメコンシェルジュへ ブログを始めて世界が広がったワタシのつぶやき♪


by TRADERJOES
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite